【個人手配】新婚旅行〜パリの交通機関~

おはようございます、時差ボケが治ってないのか、寝ても寝ても朝が眠くてつらい、よぽです。

2018年が終わり、2019年を迎えて1つ目の投稿です(勝手ながら、三が日は更新をお休みにしました)。

2019年も更新頑張ります、よろしくお願いします。

 

今日は新婚旅行で体験した、パリの交通機関について、まとめたいと思います。

(新婚旅行の概要については、こちらを参照ください)

 

パリの交通機関

パリでも日本と同じく電車バスタクシと一通りの交通機関は備わっています。

ざっとそれぞれの特徴をご紹介します(完全に主観です)。

電車に関しては地下鉄(メトロ,metro)が主流で、一番遅い便ですと、日本と同じくらいの時間(1:15)まで動いているようです。

(土日はさらに遅く2:15まで動いているようです。参考→パリ観光局

あとは郊外へ行くならRERがあります(私たちは利用しなかったです)。

バスに関しては、私たちが回ったパリの中心1区~7区(パリは東京同様、区で表されます。1区~20区まであるようです)は、日本に比べてかなり便が充実しているように感じられました。

引用:instagram(nossos_lugaresさん引用)

 

タクシーは日本と大差ないようですが、渋滞が多いですし、バスが充実しているため、空港からホテルまで(荷物が多かったため)以外では利用しませんでした。

最低料金が7€のようなので、およそ1000円は必ず出費しますね。

(ちなみにタクシーは認可と無許可と2種類あるようですので、もし利用する場合は注意してください→詳細はJamsParis参照)

 

パリのおすすめ交通機関(バス)

私はパリの交通機関はバスをお勧めします!理由は以下の通りです。

・便が充実している
危険が少ない!
・景色が楽しめる

先程も少し記載しましたが、少なくとも1区〜7区はバス便が充実していました。

徒歩10分を超える範囲に対してバス便がないということがありませんでしたし、待ち時間が10分を超えるということもありませんでした。

 

あとは何と言っても、

 

危険が少ない!

 

地下鉄も利用したのですが、新婚旅行で利用するには少し刺激的すぎました。。

被害妄想かもしれませんが、妻が言うには、私がスマホをポケットから出した状態で、乗っている路線の駅の案内板に目を向けている間に、背後からフードを目深かにかぶった長身40代くらいの男性に近づかれ、スマホを凝視されていたようです。

「スマホ気をつけてね」と言う妻の言葉にようやく気付き、胸に抱えるようにしたところ、チッと言う顔をして離れていったそうです。

あとは知り合いの体験談ですが、地下鉄乗る前にカバンに入れていたはずのスマホが、地下鉄から降りたらなくなっていた(スられていた)という話もあります。

ニューヨークの地下鉄のイメージを体験したい方はいいと思いますが、パリの新婚旅行にそういう雰囲気は求めないと思うので、バイタリティのある方以外にはお勧めしません。

あとは当たり前ですが、地下鉄ですとせっかくの街並みを見れません。

バスですと、移動の間も街並みを見れて楽しいです(移動中散々エッフェル塔を堪能したので結局登らなかったくらいです)。

 

パリの交通機関利用するなら 【navigo】

バスがいいかな、と思った方も、地下鉄に乗ってみたい、と思った方も、是非購入して欲しいのが【navigo】と言う、パリ版のsuicaのようなもの。

日数とエリアを選んで代金を支払う(チャージするイメージ)と、選択に応じたエリア内のバス、電車(地下鉄、路面電車)が、同じく選択に応じた期間内乗り放題になります。

注意点は、例えば1週間を選択して購入した場合でも、購入した日から1週間というわけではなく、購入した週の月〜日までが乗り放題になる、という点です。

また購入場所も気を付けないと、トラブルに巻き込まれてしまうかも。。

詳細はまた改めてまとめたいと思います。

コメント